スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

これはイイ!私のツボにはまりました。

2006.05.27 *Sat
シネマコラージュ

調べ物をするために図書館に行って借りた本です。
(調べたかったものとは全く関係ありません)

シネマ・コラージュ
NAKAGAWA KIYOMI
4860200667


映画にでてくる登場人物たちのファッションや小物やインテリアのイラストの本。
なるほどーーー♪こういう見方もあったんだと、感心しました。
映画も好き、下手だけどイラストも好きな私にはたまらない本です。
こういう風にイラストとレビューをまとめたら楽しいでしょうね。
さっそくやってみようかな~

こんな感じの絵と、そのコメントが載ってます。
海辺の家
これは、真似てペインター(パステル/アーティストチョーク使用)で描いた私の絵です(^^;)
本のはもっとキレイでオーラがありまする・・・

イメージね!イメージ。


sam's fashion
小さい頃に両親が離婚し、母親は再婚。経済的には恵まれているけど子供にとっては納得いかないことばかり。16歳のサムはピアスとメーク、そしてドラッグ、部屋にはマリリン・マンソーのポスターを貼り、内面
も外見もパンク一色。そんな彼も家作りを通してはじめて父とぶつかり成長していく。内面とともにその変化は外見にも。やがては死によって別れを余儀なくされるのだけど、一夏を通して父から得た事は最後のシ
ーンでの彼のいでたちにも現れている。
本より引用


おしゃれな感じの本でしょ!
これは図書館での借り物だけど・・・やばい(^^;)またアマゾンでプチッとしてしまいそうです。
海辺の家をみることになりそうです
スポンサーサイト
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

ユウさん、こんばんは。

この本、面白そうですね~v-411
映画の中のファッションや小物、インテリアに焦点が絞ってあるのですね♪
ユウさんが描かれたsam君とトイレの絵、とってもカワイイです~v-410
シネマ・コラージュにも、このようにイラストが載っているんですね。
「海辺の家」でのsam君を初めて見た時は、あのメイクにビックリしました(^^ゞ
sam君の父親への心の壁がなくなっていった時、sam君の顔も素顔に戻っていく。
やっぱり素敵な映画です。私も久しぶりに観たくなました。
2006/05/28(日) 00:19:58 | URL | mac_rin #588.M0SQ [Edit
なんだか、ちょっとステキな本ですね(^^)
こういうのって、自分の本棚にあるとおしゃれちっくですよね!!(><)いや~ん!なんかいいなぁ~。

持っていて損の無い本って・・・こういうのかな??
2006/05/28(日) 03:46:29 | URL | MIHIRO #- [Edit
>mac_rinさん
こんにちは。
この本いいですよ!こういう映画の見方もあるんだ~と感動しました。絵も暖かいし、癒されます。
私も、サム君を見た時、「Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!」状態でした。結局またDVD観たけど。。泣けました。
2006/05/28(日) 18:29:50 | URL | ユウ #OqLewFBQ [Edit
>MIHIROさん
こんにちは。
そうなんです!おしゃれチックな感じ。自宅じゃなくてカフェなんかで時間つぶしに見たらかっこいーかな!なんて思ったりしてます←そんな時間はナイ(^^;)
絵もさりげなくて、よかったですよ。
2006/05/28(日) 18:32:41 | URL | ユウ #OqLewFBQ [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

プロフィール

ユウ

Author:ユウ
映画・海外ドラマ好き♪特にSWは大好きです。ゲームも最近やってます。
時間が欲しい!!

MY HP→→『nijiiropen』 どうぞよろしく!
にじいろぺん

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

帝国のマーチ

リンク

このブログをリンクに追加する

my favorite

最近のトラックバック

アニー

過去ログ

time

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スパナチュ♪



FeedGrapher

最近の画像



Copyright © CROSSROAD66 All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。